YI

画家・泉谷淑夫のオフィシャルサイト

メニュー

変わった形が魅力的。

こんにちは。管理人の ふぅ です♪

「美術の散歩道・第10回」をお届けします(^^)

第10回「変わった形の額縁・考」

窓から見える空に、トンビが舞っています。

癒されます〜(^^)

窓から見える景色が絵画なら、窓枠は額縁でしょうか。

今回お届けする「美術の散歩道 第10回」は、額縁のお話です。

普段、絵画鑑賞をしている時に、額縁をしっかりと見た!という話はあまり聞きませんよね。絵画が主役だとしたら、額縁はそれを引き立てる脇役のようなもの、そんな印象をずっと持っていました。

いつもは絵画を汚れや破損から保護したり、見栄えよく引き立てたりする役割を担う額縁。その形は絵のキャンバスに合わせて、だいたいが四角形なのに対して「変わった形の額縁」とはどういうことなのでしょう。

その「変わった形」が今回の鑑賞のポイント。四角形ではないこと、むしろ他には無い個性的な姿が額縁の魅力でもあるらしいのです(^^)

文中で、実は額縁コレクターであることを明らかにしている泉谷画伯。ある日気になる額縁と出会ってしまいます。風景やモチーフなど、印象深い出会いのシーンをこれまでも目の当たりにしてきましたが、今回もまた、その額縁をあれこれあった末に無事、手に入れます。

最後には、額縁と一緒に写真に収まる姿がとてもとても嬉しいそうですので、どんな額縁と出会ったのかも合わせて、ぜひぜひ本文をご覧ください。

わたしは、ちょっとした絵画顔負けの「額縁のお値段」にも衝撃をうけました。

額縁の魅力、まだまだ奥が深そうです(^▽^)

それでは、今月の美術の散歩道、こちらからどうぞ。

美術の散歩道 第10回「変わった形の額縁・考」

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE